サイトメニュー

施術後は安静する

注射器

アフターケアを間違えると効果が半減する

ボトックスに副作用やアレルギー症状がほとんど出なくても、注射をした部分を乱暴に扱ってしまうと効果が薄れてしまう事があります。ボトックスの効果が発揮できるようにケア方法にも気をつけないといけません。患部を強く擦ってしまうとボトックスの成分が、他の部位に拡散してしまいます。拡散されてしまうと整形したい部位にボトックスが浸透されなくなるので、効果が発揮してくれなくなります。なので、ボトックスを注入したら、必要以上に患部を触らないようにしましょう。施術後は入浴をしても問題はありませんが、熱いお湯で湯船に浸かるのは控えて下さい。なぜなら、ボトックスを注入した体に熱いお湯をかけてしまうと、体温を高まり、熱によってボトックスが分解されるからです。ボトックスは熱に弱く、分解されてしまうと効果が薄れてしまうだけではなく、患部が痛みだしたり、腫れたりする等の副作用を引き起こす恐れがあります。副作用が出ないように入浴する際は、ぬるま湯で浸かるようにし、入浴時間も短めにして下さい。顔や体を洗っても良いですが、患部を強く擦らないように気をつけて下さい。他にも激しい運動をしてしまうと血流が良くなって、体を温めてしまうので施術後は、運動も控えて下さい。また、ボトックスには筋肉の過剰な働きを抑える効果がありますので、注入前と比べて、筋肉は弱くなっています。筋肉が弱っている状態で激しい運動をしてしまうと、具合が悪くなる事もありますので、施術後は安静していて下さい。ただし、軽い運動であれば大丈夫ですよ。食べ物の制限は特にありませんが、ボトックスの効果が出るまではアルコールを飲むのはやめましょう。飲酒の場合も体温を高めてしまうので、少しでも摂取してしまうと患部の腫れや出血を引き起こす原因になります。強いマッサージは控えた方が良いのですが、どうしてもマッサージをしたい場合はボトックスを注入した部位は避けて下さい。患部に刺激を与えてしまうと形が歪んでしまって、理想の仕上がりにならなくなります。ボトックスを注入後に自己判断でケアをしてしまうと効果が薄れてしまうだけではなく、思わぬ副作用が出る事もあります。施術後に間違ったケアをして、万が一、副作用が出た場合はすぐに医師に相談しましょう。アフターケア体制が万全に整っているクリニックであれば早急に対処してくれますよ。