サイトメニュー

エラ張り改善で小顔に

顔に触れる女性

咬筋の発達を防ぐ

顔が大きく見えて原因の1つにエラ張りが挙げられます。エラ張りが目立ってしまうのは、咬筋が発達しているからです。咬筋は咀嚼筋の1つであり、食べ物を噛む時に使用される筋肉です。食べ物を噛む以外にも睡眠中に歯ぎしりをしたり、日中に歯を食いしばったりすると咬筋が硬くなってしまいます。咬筋が硬くなってしまうと、フェイスラインが引っ張られるので、顎が広がっていって、顔が四角になっていくのです。他にも咬筋が硬くなると頬骨が前に出たり、ほうれい線や目の下のクマが出やすくなったりします。咬筋のコリを防ぐには、咬筋をほぐす必要があります。食事をする以外は咬筋を使わないようにし、毎日マッサージをすれば咬筋の発達を抑える事はできます。しかし、毎日マッサージをするのは面倒くさい、今すぐにエラ張りを解消したい方はボトックス注射を受けてみて下さい。ボトックス注射なら、咬筋の働きも弱めてくれるので、咬筋の発達を防ぎ、少しずつエラ張りをなくしてくれます。遺伝による骨格が原因でエラが張っている場合は、咬筋の働きを弱めてもあまり効果はありませんので、ボトックス治療は不向きです。エラ張りのほとんどが咬筋の発達が原因である事が多いので、エラ張りを解消したい方は切開手術をする前に医師に相談をして下さい。注射をする箇所は顔になりますが、人によって咬筋の発達は食べ物の噛み方によって違ってきます。顔のバランスを良くする為に左右にボトックスを注入する事もあれば、片方だけ咬筋が異常に発達していれば片方だけ注射をする事もあります。咬筋の発達具合によって、バランスを見て注射をするので、施術をする前に医師は患者の顔を確認し、注入する部位や量を決めていきます。エラ改善の為にボトックス注射をした場合、3週間から1ヶ月程経った時に効果は出てきます。咬筋のコリをボトックスでほぐすには、時間がかかるので、注入してすぐにエラがなくなる事はありません。しかし、効果が出てくると咬筋が収縮されるので、エラ部分が目立ちにくくなって、フェイスラインがスッキリしてきます。持続効果はシワ取りと同じ位で6ヶ月から1年程持ちます。治療周期は人によって、それぞれ違うのでボトックスを注入して6ヶ月経ったら、鏡で自分の顔を観察するようにして下さい。エラがまた目立ってきたら、ボトックスの効果が薄れてきている証拠なので、元の顔に戻りそうな時に再度治療を受けると良いでしょう。ボトックス注射をすると咬筋の働きがいつもより弱くなります。噛みあわせが悪くなったり、顎の感覚が鈍くなったりした場合は硬い食べ物は控えた方が良いでしょう。効果が出るようになれば、咬筋や顎の違和感がなくなってきますよ。